2021.10.05
2021年10月5日 大切にしているもの

 初等部で毎朝、「朝の会」をクラスで行います。「こころの時間」が始まる前の10分間という短い時間ですが、クラスごとに様々な活動に取り組んでいます。

 5年生のあるクラスでは、一人ずつ「朝のプレゼン」をしています。順番がまわってきた児童が、クラスのみんなで考えたいこと、大好きなこと、今気になっていること等をプレゼンテーション形式で話します。哲学、時事、趣味と多岐にわたる話題が展開されています。一時期はSDG‘sについての話題が続きました。友達の話題に触発されることもあるようです。

 今日の話題はAさんの「自分が大切にしているもの」でした。「みなさんはどんなものを大切にしていますか?」というAさんの問いかけに、クラスの皆から「家族」「友達」「折れない心」「教科書やノート」「自分」「命」とたくさん発言が聞かれました。

 Aさんは「ぼくが大切にしているものは制服です。なぜなら、制服が校章と同じで、初等部に通っているという『しるし』で、大切なものだからです。家族が働いて買ってくれたものでもあります。でも、大切に扱わずに帰宅して脱ぎ捨てたままにしてしまうこともあるので、気を付けたいです」と発表しました。そのあと、「ここでさらに考えたいことがあります。それは世界では服や制服を手に入れることのできない人もいるということです。」と続けました。

 スピーチの後にはクラスから拍手が起こり、時間ギリギリまで感想の発表が続きました。