2021.01.27
2021年1月26日 心を一つに

2月8日からの作品展に向けて準備をすすめています。

今年は代表委員会からの提案で、全校作品にも取り組みます。「一人ひとつ石で魚を作り、それを合わせて作品にします。例年のように他学年との交流がもてない今だからこそ、みんなの心を一つにしたい」との思いで企画しました。

同じ形の石は一つとしてありません。一人ひとりの違いや個性を表現するために石に描くことにしました。初等部讃美歌『すみわたる大空に』には、「数しれぬ海の魚 神さまはみなかぞえ、ひとつずつ目をとめて まもられる、いつも。」という歌詞があります。私たちはいつもイエス様に守られているということを表現するために魚にしました。石と魚にも代表委員会の想いが込められています。

今日は6年生が制作しました。個性的な魚ができています。全員の魚を合わせて一つの作品にするのが楽しみです。