2021.01.13
2021年1月13日 伊能忠敬プロジェクト

6年生の算数の学習に「図形の拡大・縮小」があります。図形の形をそのままに、その大きさを変えていく学習です。地図を作る時に利用されます。6年生も、グラウンドのランニングロードの地図をつくるのに挑戦です。ある地点と地点の距離と角度を測って記録し、そこから縮図を計算して書いていきます。江戸時代に伊能忠敬は、このやり方で日本地図を作り上げました。先人の偉業にチャレンジする学習となりました。