2020.12.09
2020年12月8日 児童礼拝(4年生)

「こころの時間」は、関西学院初等部の礼拝の時間です。

毎朝、全校児童でまもる、静かな祈りの時間です。

メッセージの担当者は、自らの日常生活をふりかえったり、伝えたいテーマで話したりしています。

今朝は「児童礼拝」でした。

4年生の子どもたちがメッセージを伝えました。

彼らの日常生活の中にも、しっかり、キリスト教主義、「Mastery for Service」が息づいています。