2020.07.08
2020年7月7日 歌会

6年生の国語の授業では和歌の学習をしています。

今日は互いに作った歌を鑑賞し、自分が良いと思った歌に投票しました。

31字で表現する和歌の世界。作り手が思ってもいなかった解釈が生まれてきます。

そこに面白さがあります。

良い歌を作ることは難しいですが、良いものに出会ったときに「良い」と反応できる審美眼を磨いています。

子どもたちが選んだ一首です。

「大雨の中でしたたるそのしずく うちのあじさいの流した涙」