2022.07.15
2022年7月14日 共に学び合う

「ほら、あそこに書いてあるように…」

「ここがこうなって、だから…」

などの子どもの声が聞こえてきます。

自分自身で考えるだけでなく、仲間と学び合うことを続けた1学期でした。

「個の学び」と、「協働的な学び」を往還しながら、その子にとっての「豊かな学び」につなげてほしいものです。