節分で食べるもの 

[  2022年2月1日   更新  ]


      “Mastery for Service”
        “幼子はたくましく育ち、
         知恵に満ち、
         神の恵みに包まれていた”

         

 2月3日は「節分」。翌日は「立春」暦のうえでは春になります。
冬と春という季節の分かれ目なので「節分」といいます。
では、節分の日には、何を食べますか?豆?巻き寿司?
実は節分で食べるものは7つあるといわれています。

1 こんにゃく:昔の人はこんにゃくを「胃のほうき」と呼んでいたそうです。
        節分などの節目にこんにゃくを食べ、体内をきれいにしたそうです。
        こんにゃくは食物繊維が豊富なので、便通も良くなります。

2 いわし  :鬼はいわしのにおいがきらいとされており、鬼を追い払うものだと考えられていました。
        いわしを焼いてにおいを強め、頭はひいらぎの枝にさして戸口にかけていたとか。
        これを「柊鰯(ひらぎいわし)」と呼びます。

3 そば   :昔の暦では、立春前日の節分は大みそかのようなものでした。
        大みそかに年越しそばを食べるように節分にもそばを食べる風習があるそうです。

4 けんちん汁:けんちん汁の発祥にはいろいろな説がありますが、鎌倉5山の一つ建長寺の
        お坊さんが作った建長寺汁が最初だと言われています。寒い日に体を温める精進料理だったようです。

5 恵方巻き :巻き寿司は福を巻き込むと言われ縁起が良いものだそうです。
        恵方とは、その年いちばん縁起の良い方向のことです。
        願い事をしながらだまって食べるのがみそです。しゃべると福が逃げてしまうからです。
        丸々1本食べるのは包丁を入れないで、人や物との縁や福を切らないようにという願いがこめられています。

6 クジラ  :最近はくじらを食べる機会が少なくなりましたね。
        私が小学生のころは、牛肉なんてぜいたくなものは出ず、肉と言えばクジラでした。
        特にクジラの竜田揚げは大好物でした。山陰地方では「大きなものを食べて邪気をはらう」、
        「大きな幸せを願う」として節分にクジラを食す習慣があるそうです。

7 大豆   :これは、当たり前ですね。豆まきをしたあと年齢の数だけ、豆(大豆)を食べますね。

 以上、節分に食べるものを7つ紹介しました。
キリスト教とは何も関係ありませんが、それぞれに先人の知恵と経験がつまっていると思います。
こんなことにも思いを巡らし、おいしく神様に感謝して、食するのもいいのではないでしょうか。