師走 

[  2021年12月1日   更新  ]


      “Mastery for Service”
        “幼子はたくましく育ち、
         知恵に満ち、
         神の恵みに包まれていた”

         

 12月に入り、今年もあと1ヶ月足らずとなりました。1年が過ぎるのが速く感じられます。
ところで、話は変わりますが、12月のことを師走と言います。なぜ師走というか知っていますか?
師が走る季節という意味なのですが、では師とはいったい誰でしょうか?
実はこれにはいくつかの説があり、定まっていません。では、どんな説があるのか紹介しましょう。

 1 師=御師(おし おんし) 説

御師とは昔、寺や神社などへ参拝してくる人々の案内をしていた人のことです。
年末年始は、寺社を参拝する人が多いので御師が走るほど忙しいという説です。

 2 師=お坊さん 説

年末になるとお盆と同じようにお坊さんが家に来てお経を あげるという習慣があります。
今は少なくなったようですが…。だから12月になるとお坊さんがとても忙しくなるからという説です。

 3 師=先生 説

先生とはもちろん学校の先生のことです。
12月はテストの作成・採点、成績処理、個人懇談、通知簿の作成など、とても忙しい月です。
だから、師とは学校の先生を指すという説。

 4 「し・果たす」 説

師走を「し」が「果たす」という意味で、「し」が終わるという説のことを指します。
「し」とは「仕事」や「四季」、「年」を意味しており、1年の最後の意味合いが強いという説です。

 5 「当て字」 説

奈良時代に書かれた「古事記」「日本書紀」には「十二月」と書いて「しはす」と読み仮名がふられています。
もともと奈良時代の人々は十二月を「しはす」と読んでいたのです。
これに意味なく師走という漢字を誰かが当てただけという説です。

 どうでしょうか。「師走」というたった2文字には、様々な意味の説があるのです。
みなさんは、どの説を支持しますか?12月はクリスマスがあります。
教会の牧師様もクリスマス礼拝の準備で忙しいと思います。
そういう意味でも2番の説が有力では?と個人的には考えます。

 2021年もあと1ケ月です。みなさんにとって2021年はどのような年でしたか?
1番の重大ニュースは何でしたか?うん、私?私はもちろん、関西学院初等部の校長に就任したことです。
4月当初は戸惑うことが多かったですが、皆様のご理解とご支援で何とかここまでやってこられました。
どうか来年もよろしくお願いいたします。