2021年3月②「退職のご挨拶」 

[  2021年3月24日   更新  ]

      “Mastery for Service”
        “幼子はたくましく育ち、
         知恵に満ち、
         神の恵みに包まれていた"

         けいびいんさんへ

「初等部2016年~2021年」

さて、私、3月31日を持ちまして初等部を定年退職となります。
2016年4月からちょうど5年間、本当に微力ながら初等部教育に携わらせていただきました。
子どもたち、保護者の皆さまの温かいご支援のお陰で、なんとか退くことができそうです。
私は、子どもたちの夢を大きく大きく膨らませることが教師の仕事だと考えています。
そのために子どもたちにはたくさん夢を語りたいと思ってきました。初等部の日々の営みの中には、
子どもにとってはちょっと背伸びしたような、高度な取り組み、活動がたくさんありました。
しかし、初等部の子どもたちはみんなの期待に応えて、いつも見事にやり遂げてくれました。
また、時には予想を大きく超える姿を見せてくれました。
初等部には大きな夢があり、夢を実現させる力のある子どもがいて、夢に導く力のある先生がいて、
そしてそれを支えてくださる保護者の皆さまがいます。
正に初等部は夢の叶う学校です。そんな初等部で勤務できたことは私の人生の誇りです。心から感謝しています。
コロナ禍が終息せず、校長として反省することばかりで退任することは本当に心苦い限りですが、夢の叶う学校、
関西学院初等部そして関西学院の今後の益々の発展を祈念しています。
本当にありがとうございました。

田近 敏之


<仲良し遠足「いっしょに帰ろう。」>

<「わたしも拾うよ。」>

<CCTでソーラン>

<「こうして掃くんだよ。」>

<急な雨降り>

<初等部で成人式>