2020年12月 「年忘れ

[  2020年12月1日   更新  ]

      “Mastery for Service”
        “幼子はたくましく育ち、
         知恵に満ち、
         神の恵みに包まれていた"

         11月11日・12日 学年音楽発表会

「学年音楽発表会」

11月11日、12日に学年音楽発表会がありました。
今年は保護者のみなさまにご鑑賞いただくことができなかったこと、本当に残念でなりません。
しかし、初等部チャペルで、同学年の子どもたちが鑑賞する中、
クラスごとの個性あふれる素晴らしい音楽が次々と披露されました。
子どもたちの一生懸命の世界で一つだけの素晴らしい音楽を目の当たりにして、何度も何度も涙が頬を伝いました。
音楽発表会を通して、改めて子どもたちの持つ無限の可能性を実感しました。
間違いなく、素晴らしい音楽でした。しかし、これが頂点ではありません。
子どもたちの伸びしろはそれこそ無限だと思います。心と体の成長と共に、
また更なる高みに向かって歩みを進めてくれると思っています。
2日間の様子を動画配信しております。
ご家庭でお子様と一緒に何度も鑑賞していただけたらと思っています。


「 年 忘 れ 」

普通、楽しいことや嬉しいことがあると、時間の経過を早く感じるものです。
2学期には夏、秋、冬の3つの季節がありましたが、師走を迎え、2学期のこれまでを振り返ってみますと、
初等部全体の時間の経過はとても早かったように思えます。ご家庭ではいかがだったでしょうか。

さて、「年忘れ」という言葉があります。
抱えていたストレス、引きずっていた辛さや悲しみを思い切って捨て、身軽になることができたら、どんなにいいでしょう。
反対に汗を流して頑張った記憶、辛さを自力で乗り越えた思い出、楽しかったこと、うれしかったこと、
小さいけれど感じた確かな進歩、どれも大切だと感じます。
今年はこれまで経験したこのない、新型コロナウイルス感染症の広がりのために、誰もが辛く苦しく、不安な思いで過ごしてきました。
そんな中で、子どもたちはしっかりと状況を理解して、自分に出来る精一杯の行動をしてきてくれたと思っています。
この2学期の間に、子どもたち一人一人はたくさんの人とのかかわり合いを通じて、大きく成長してくれました。
「年忘れ」の一言ですべてを忘れ去ってしまうのではなく、大切なことを自分の記憶にしっかりととどめ、
この1年を振り返り新しい年につなぎましょう。 これからもコロナ禍は続くことと思われます。
そのことも踏まえて、新しい年の決意や目標を決めることも冬休みに是非やってほしいと思います。
2学期も様々にご支援、ご協力をいただき本当にありがとうございました。どうぞよいお年をお迎えください。