2019年12月9日 冬の町たんけん

[  2019年12月11日 更新  ]

 

2年生が、冬の町たんけんに行きました。「阪急電車と同じ色の自動車があったよ!」「大きな建物の屋根が茶色で、初等部と似ているのが多かったよ。」「春の町たんけんの時と、木の葉の色が全然違った。」たくさんの気づきをメモして帰校しました。登下校でいつも目にしている道、風景、人、お店の様子などを「なんとなく」ではなく「学びの対象として」見つめてみると、新しい発見があるものです。
本年度は、3クラスが宝塚の町を3つに分けて探検し、お互いのたんけんの様子を紹介し合おうと計画しました。見つめる力、調べる力、考える力に加えて、「伝え合う力」の向上をねらいました。
さて、3学期にかけてどのように学習が展開していくでしょうか。指導する側も楽しみでなりません。

前の日(12月6日)へ 関連ページへのリンク

次の日(12月10日)へ 関連ページへのリンク