2019年10月8日 秋季宗教週間

[  2019年10月9日 更新  ]

 

 今週は秋の宗教週間です。2日目の今日は、日本基督教団宝塚教会牧師である浦上結慈先生からメッセージをいただきました。
 「ある少年がお父さんに作ってもらった大切な将棋盤を壊されてしまい、その代わりにナイフをもらいますが、それもまた、折られてしまいます。泣き出す少年に代わりに渡されたのは槍で、それがまた折られてしまい・・・。その後も少年の大切なものは次々と姿を変え、最後に渡されたものは将棋盤でした。そのため、父は少年に起きた出来事を何も知らず、ずっと将棋盤で遊んでいたものと思っていました。」というエチオピアの昔話を浦上先生はユーモアたっぷりに伝えてくださいました。
 お話の後に先生は「皆さんお家の方は、朝出かける皆さんの後姿しか知りません。一日の出来事をお家の方にお話ししましょう。神様にお祈りするときにもその日の出来事を伝えましょう。」というお言葉をくださいました。

前の日(10月7日)へ関連ページへのリンク

次の日(10月9日)へ関連ページへのリンク