2019年4月 「しんぴのあさ」

[  2019年3月26日   更新  ]

2019年4月「しんぴんのあさ」

初等部の桜

“Mastery for Service”

“幼子はたくましく育ち、
 知恵に満ち、
 神の恵みに包まれていた

2019年 初等部の桜

今年度もよろしくお願いします!

 初等部のあちこちで、子どもたちの登校を待ち望んでいたかのように、色とりどりの花が咲いています。その中でも、とりわけ黄色い花が目に付きます。春には黄色の花を咲かせる植物が多いといわれています。レンギョウ・タンポポ・フリージア・菜の花などなどです。いずれも鮮やかな黄色で、そこだけ灯りをともしたように明るく感じられます。それは、ハチなどの昆虫たちが黄色い花に集まりやすいという習性があるからなんだそうです。

 初等部の新しい年度がスタートしました。誰もが、「新」という言葉に無限の可能性を感じる出発でありたいです。工藤直子さんの詩です。

しんぴんのあさ

「しんぴんのあさ」
 かたつむりでんきち 

 まいにち おんなじみたいだけど
  まいにち いろんなことがおこる
 こりゃおどろいた おやびっくり
  へへえなるほどな ふうんそうか
 
 まいにち しんぴんのあさがきて
  ぼくのめ まいにちびっくりめ!
 つんつんのばして びっくりめ!

 新年度のスタートに私たちも“しんぴんのあさ”の気持ちを大切にしながら、日々新鮮な目で子どもたちとともに歩んでいくために、レイチェル・カーソンの言葉を心に留めておきたいと思っています。

「もしこれが,今までに一度も見たことがなかったものだとしたら?もし,これを二度とふたたび見ることができないとしたら?」と。

<レイチェル・カーソン『センス・オブ・ワンダー』より>

 新しい出会い、すてきなふれ合い、たくさんの笑顔・喜びがあふれる学校。ホッとする空間と時間と仲間があふれた初等部づくりに向けて今年も教職員一同、精一杯力を尽くしたいと思っています。今年度もどうぞよろしくお願いいたします。

 1年生のみなさん、初等部への入学おめでとうございます。初等部みんなで、みなさんの入学を心から歓迎します。これからいっしょにすばらしい小学校生活を過ごしていきましょうね。