2018年11月28日 6年生、最後のクリスマス礼拝に向けて

[  2018年11月29日   更新  ]

1

 来週からアドヴェント(待降節―主の降誕を待ち望む4週間)に入ります。初等部の礼拝では、毎週1本ずつろうそくに火を点して、イエス様誕生の意味を祈りつつ考えていきます。
 12月21日に行われるクリスマス礼拝の練習も始まりました。6年生は、トーンチャイムの練習にも意欲的に取り組んでいます。今年は40本のトーンチャイムを使って讃美歌を奏でます。一番大きなトーンチャイムは長さ約90cm、一番小さなトーンチャイムは17cmです。32人の子どもたちで演奏します。6年生にとって最後のクリスマス礼拝。思いを込めて、息を合わせて音を奏でていきます。