2018年7月17日 自分たちにできること

[  2018年7月19日   更新  ]

1

 「平成30年7月豪雨」で被災された方に届くように、今日から3日間、宗教委員会が中心となって募金活動をしています。
 土砂崩れによる道路網の寸断、ライフラインが絶たれることにより、今も多くの方々が不安な思いの中で困難な生活をしておられます。先日、5年生が平和を学ぶ旅の民泊でお世話になった江田島市にも大きな被害が出ています。
 救援・復興には長い年月を要しますが、一日も早く被災者の方々が平穏な生活に戻ることを願っての活動です。
 子どもたちはお小遣いの中から、自分に出せる額を考えて持ち寄っています。額としては小額かもしれませんが、被災された方に子どもたちの思いとともに届けます。