2018年4月 「心の居場所」

[  2018年4月4日   更新  ]

2018年4月 「心の居場所」

心の居場所

                              “Mastery for Service”
                              “幼子はたくましく育ち、
                               知恵に満ち、
                               神の恵みに包まれていた




                             
進級おめでとうございます。
 新しい年度が始まりました。進級して何だか少し逞しくなって元気に登校してくれた子どもたち。
新しいクラス、新しい友だち、新しい先生、不安な気持ちと、今までとは違った期待が入り混じった、そんな気分がしばらく続くことと思います。
今年度も、私たちは“Mastery for Service”の体現に向け、人と人とのかかわり合いを大切に、他者のために、他者とともに自らを鍛え、他者とともに歩むことのできる子どもの姿を目指して、私たち教職員も子どもたちとともに学び続けたいと考えています。
どうかよろしくお願いいたします。
 
初等部は子どもたちの“心の居場所”です
 心の居場所とは、次の四つが満たされていることが必要です。
 一つめはそこが「安心」かどうか。二つめはそこが「安全」かどうか。三つめはそこは「自由」な場所かどうか。四つめはそこが「自信」を持てる場所かどうかです。
一つめの安心は、自分にとって、不安や恐怖がない。心が安らぐ場所であるということです。二つめの安全は、だれからも害を与えられる心配がない、何ものからも守られている場所だということです。三つめの自由は、自分勝手ではなく、集団の中で自分がやりたいことをすることが認められているということです。四つめの自信は、自分がそこで活動すること、存在することに自信が持てるということです。
 このような条件に満たされた学校は、子どもたちにとってのびのびと過ごせる楽しい場であり、子どもたちが自分の興味・関心のあることにじっくりと取り組めるゆとりがあり、また、分からないことが自然に分からないと言え、つまずいたり、試行錯誤したりすることが当然のこととして受け入れられる学校であると思います。
 関西学院初等部が、全ての子どもにとっての心の居場所となり、子どもたちが安心して自分の力を発揮できる学校となるよう、今年度も努力してまいります。
 保護者のみなさま、KGファミリーのみなさまのご支援、お力添えを賜りますようどうかよろしくお願いいたします。 
 
1年生のみなさん、初等部への入学おめでとうございます。初等部みんなで、みなさんの入学を心から歓迎します。これからいっしょにすばらしい小学校生活を過ごしていきましょうね。入学式のみなさんの姿、とても立派でしたよ。