2017年12月1日 クリスマスに向かって

[  2017年12月21日   更新  ]
クリスマスに向かって

 初等部の玄関にクリスマスツリーが飾られました。放課後に、宗教委員の子どもたちが中心となって設置しました。ツリーが点灯されると、わぁっと温かな歓声がひろがります。初等部のアドヴェント(待降節)が始まろうとしています。
 待降節とは、イエス様のご降誕の日(クリスマス)を待ち受ける日々のことで、キリスト教の暦にそって今年は12月3日(日)から始まります。
 私たちは待降節の日々を通して、神様の喜ばれる行いを積み重ね、クリスマスにお捧げします。神様の導きを感じられるよう、毎日の中に心静かなひとときがもてますように。

前の日(11月30日)へ関連ページへのリンク

次の日(12月4日)へ関連ページへのリンク