「We have no fences.」

[  2015年5月27日   更新  ]

We have no fences.

「ホームステイ最終日。」


6月3日、6年生が5泊7日の「カナダ・コミュニケーション・ツアー(CCT)」へ向け出発します。

UBC(ブリテッシュコロンビア大学)寮での生活、姉妹校ホリバーン小学校訪問、カルチュラル・アシスタントとの市内めぐり、そして2泊3日のホームステイ。

1年をかけ諸準備を整えた旅が、いよいよ現実のものとなります。

伊丹空港から成田へ、空路バンクーバーへの長旅は、六年間の中で友と過ごす一番長い時間になります。この時期のカナダは日の出が7時、日の入りは20時。風と光に満ちあふれ、一年の中で最も過ごしやすい季節を迎えます。

「カナダの洗濯機・乾燥機はとても強力でした」
「ホームステイ先の人たちが、いつもわかりやすくゆっくりと話し、毎回返事をしてくれて安心しました」
  



第4代院長べーツ先生の故国で、今年子どもたちはどんな出会いをし、どんな物語を紡ぎ出すことでしょう。

“ We have no fences.”

最終日は、垣根なき世界での多 くの学びと共に、いくつもの別れを惜しむ姿が見られます。




========『 人はその友によって研磨される 』========

5月22日(金)「第57回西日本私立小学校教員研修会」が初等部で開催されました。
当日は、早朝より30名近いPTAの協力を得て1000名を上回る先生方を歓迎し、お客様数としては開校以来最も大きな会となりました。

テーマは「私学ならではの小学校教育の展開」。1ーAから6ーCまで全18クラスの公開授業、6年生のチャペルでの合唱発表、本校研修についての基調提案と、関西学院初等部の魅力を余すところなくご覧いただきました。

『鉄は鉄をもって研磨する。人はその友によって研磨される(箴言27章17節)』

基調提案で述べた柱立ては、私達がめざすべき方向を示します。なかでも、子どもたちが活発に聴き合い話し合い、互いに高め合おうとする姿は参観者の心に強く響いたようです。

「とても新鮮で、先生と子どもたちの一体感のある一日がこうしてつくれるのだと感動を覚えました」

日々の心通わす導きと交わりが、互いを研磨し合っているのでしょう。