2015年3月13日 三日月文学大賞発表。そして6年生最後の朝の礼拝。

[  2015年3月13日 更新  ]
三日月文学大賞

 初等部では「風」の時間に、主体的な言葉の使い手になるための学習をしています。その一環として、6年生では文学を書くことに取り組み、提出された作品の中から「三日月文学大賞(三日月作文大賞)」が決まります。本年度は、3名が優秀賞として選ばれました。
 また、6年生は卒業式を月曜日に控え、朝の礼拝を守ることが本日最後になりました。6年生が退堂する際、1年生から5年生まで、心のこもった歌声で見送りました。