2015年2月16日 戦争を語り継ぐ会(6年生)

[  2014年2月16日 更新  ]
戦争を語り継ぐ会

「8月6日、久しぶりの晴れの日。空襲警報が解除され朝ごはんを食べました。しばらくするとB29の音。…気が付いたのは家の下敷きになった私を夫が引っ張りだしてくれた時でした。」
地図を片手に話される言葉の一つ一つから、広島の原爆投下の直後の悲惨で必死な様子が目に浮かびます。
平和を当たり前と感じず、平和を創りだすために私たち一人ひとりが何をすべきかを考えました。