2014年6月24日 児童礼拝に向けて

[  2014年6月24日 更新  ]
児童礼拝に向けて

初等部では週に1回「児童礼拝」があります。児童3名で「お話(2名)」と「お祈り(1名)」を担当し、礼拝を守ります。この児童礼拝はとても大きな行事で、初等部在学中に一度しか担当することができません。低学年にとっては、毎週先輩たちの素晴らしい姿、初等部生のよきモデルに触れる素晴らしい機会になっています。

写真は、児童礼拝を担当することになった、あるクラスのひとこまです。
児童礼拝を担当する3人は、事前にクラスの友達に「話」や「お祈りの言葉」を聴いてもらいました。

「ゆっくり話せていたよ。」
「きちんと間(ま)をあけていたね。」
「話の内容に感動したよ。」
「本番はリラックスしてや!応援しているで!」

クラスの友達からの感想やアドバイスが書かれた付箋は、画用紙に貼るといっぱいになりました。
3人だけの当日ではなく、30名全員にとっての当日がやってきます。