2014年6月18日 花の日礼拝・感謝の会

[  2014年6月18日 更新  ]
花の日礼拝

 今朝は「花の日礼拝」が行われました。「花の日礼拝」はアメリカの教会で、子どもたちが大人と同じように信仰をもつように願って、子どもの日として礼拝を行うようになったのが始まりです。この日に花を持ち寄る習慣も生まれました。
 礼拝の後、日頃お世話になっているスカイレンジャースさん、事務員さん、メディアセンターの先生、警備員さん、用務員さんをチャペルにお招きして感謝の気持ちを伝える会を開きました。各学年代表がお礼の言葉を述べ、花と一人ひとりが書いたメッセージカードの束を贈りました。初等部生を温かく見守り、お世話をしてくださる方々に対して、常に感謝の気持ちを忘れずにいてほしいです。