学年特別活動 

[  2021年12月23日   更新  ]

2021年12月に各学年において、学年特別活動を実施しました。これはコロナ禍において中止・変更を余儀なくされた行事の代替として、各学年によって企画された様々な活動・イベントを初等部校内において行ったものです。普段はできないような体験をしようと、各学年工夫を凝らした内容となりました。

1年生

1年生はスポーツフェスティバルをしました。
ダンシング玉入れでは踊ったり、玉を入れたりして楽しみました。それから宝取り鬼ごっこや、ミニ綱引きをした後、スペシャルコーナーでは1年の先生から、スペシャル〇×クイズが出されて、みんなで盛り上がりました。

2年生

2年生は体育館とチャペルの2グループに分かれました。

体育館では、コロナ禍でまだ一度も遊んだことのなかったカプラを大量に集めて、思う存分楽しみました。お城を作ったり、どこまでも高く積み上げたり、ジェンガやドミノをして遊んだり…「もっとやりたい!」の声が次々と上がりました。チャペルでは、校外学習で訪れた手塚治虫記念館にちなんで、「ジャングル大帝」を大スクリーンで鑑賞し、宝塚の誇る手塚作品を楽しみました。

3年生

3年生は宝探しと謎解き、そして校内かくれんぼをしました。宝探しと謎解きでは校内に散らばったヒントを集め、クラスごとのミッションに挑戦しました。校内かくれんぼは、2クラスが校内に隠れて、1クラスが探しに行くということを3セット行いました。普段はできない校内での活動に、ワクワクしながらとりくみました。

4年生

4年生は、それぞれの児童が作った仮面をつけて、仮面舞踏会を楽しみました。舞踏会ではフォークダンスを踊り、汗だくになった後はクラスに戻り、ナイトフェスを行いました。ナイトフェスとは、蛍光塗料を使ったブラックライトで光る屋台を各チームが出すというイベントです。パターゴルフ、ボーリング、輪投げ…いろんなものが光っていて、その不思議な空気感に子どもたちは熱狂しました。最後はキャンドルサービスを行ってクリスマスの訪れを喜び、暗い空間の中での企画を堪能しました。

5年生

5年生は「ダンスフェス」を開催しました。 チームメンバーや曲は当日発表です。 事前にプロジェクトを立ち上げ、子ども達の手でステージの飾りつけや司会進行、プログラム作りが進められました。夕刻の本番までにダンスを完成させるという難易度の高いミッションを乗り越え、本番では個性あふれるダンスが披露されました。 ダンス作り、チーム作りに一生懸命取り組み、やり切ることができました。

6年生

6年生はリズム甲子園を行い、花火を鑑賞し、その後夜の校内探検を行いました。校内探検では普段見ることができない静寂の校舎を静かに歩き、時には先生に驚かされながら、楽しんで校内を回っていました。リズム甲子園では短い練習期間にもかかわらず、楽しみながらリズムを奏でていました。花火は夏休みに行う予定でしたがなかなか実施できず、ようやく見ることのできたきれいな花火を前に、子どもたちは楽しいひと時をすごしたようです。「特別活動が一番楽しい思い出になりました。」と多くの子どもたちが感想を残してくれました。