2013年2月28日 ノート展覧会

[  2013年 03月 04日 更新  ]
1

ノートは、単にホワイトボードに書かれたことを写すだけのメモ用紙ではありません。自分の気づきや考えを、絵や図などを使って表現するツールでもあります。それが、しっかり友だちに伝わるように一生懸命に書き込んだノートのよさは、子どもたち同士で評価をし合うこともできるのです。写真は、そんなある授業の一場面です。どんな表現でかかれているかを食い入るように読み込んでいます。

授業中、子どもたちが静かにノートに書き浸っているときに、「考えがよく分かる友だちのノート」を1冊選んでいるのです。「話しかけないこと、音を立てないこと」などを約束にして、教室をまわっているのですが、子どもたちからは、「ふ~ん。」「なるほど!」などの感嘆や感動のため息が漏れていました。

今日も学び合い、高め合っている初等部の子どもたちです。