2013年1月12日 音楽の授業で

[  2013年 01月 12日 更新  ]
1

 初等部では「今週の讃美歌」が定められており、チャペルでの礼拝や教室での終礼で「今週の讃美歌」が歌われます。

 来週は「球根の中には」(讃美歌21 575番)が「今週の讃美歌」。音楽の授業では来週に備えて、讃美歌「球根の中には」の練習がなされています。


  球根の中には 花が秘められ、
  さなぎの中から いのちはばたく。
  寒い冬の中 春はめざめる。
  その日、その時を ただ神が知る。

   (讃美歌「球根の中には」1番)

「辛く苦しいことがもし長く続いたとしても、神さまは必ず希望を与えてくださるんだよ...」。音楽の教師からこの讃美歌の意味について聞いた子どもたちは、ますます元気に、そして心を込めて讃美歌を歌います。

 今日も、子どもたちの素敵な歌声が学校に響いています。