11月6日 「光の時間」(4年生)

[  2012年 11月 06日 更新  ]
1

 4年生の「光の時間」の一場面です。新学年に進級して7か月。毎日の20分間の積み重ねが、子どもたちの大きなコミュニケーション力を培っていることを感じずにはいられません。

 写真は、ネイティブ教員が子どもの質問に答えている場面です。この男の子は、尋ねたいこと(質問)を伝えたくて、知っている英語を総動員して話かけています。ネイティブ教員は落ち着いた笑顔で答えています。

 こういった受容的な雰囲気の中、「光の時間」の学びが積み重ねられています。