2012年5月16日 避難訓練

[  2012年 05月 16 更新  ]

避難訓練

1

本日、家庭科室から出火したとの想定で避難訓練を行いました。今まで定期的に実施してきた訓練ですが、児童は自分の身の安全を守る意識をしっかりともって行動できました。火事の怖さは「炎」だけでなく「煙」や「落下物」もあるということなどを予め学習した後、避難実施。その後、宝塚消防署の方から「おさない・はしらない・しゃべらない」に加えて「もどらない」ことも大事だということ、「煙」を吸うと体が動かなくなってしまうので体を低くして避難することなどのご指導をお聞きました。また、避難の仕方がとてもよかったとほめていただきました。実際に校内で起こってはいけない火事ですが想定外という感覚を捨て、全員が訓練に臨みました。いつも私たちの命を守ってくださっている消防署員の皆さんに感謝したいと思います。