2012年5月9日 保健委員会

[  2012年 05月 10 更新  ]
1

5、6年生の児童は、委員会活動の中で「より良い学校づくり」のために自分たちのできることを考え、自主的な運営に取り組みます。保健委員会の児童は、各クラス前の流し場にあるハンドソープに、液体石鹸を補充しています。当番制の担当日が遠足と重なった児童が「遠足の日にできなかったので…」と、翌週の放課後に見回りました。責任感と自覚ある行動は、さすが高学年です。自分の時間を人のために費やすことは、Mastery for serviceのはじめの一歩です。