KGタイム

[  2013年5月28日   更新  ]

仲間とともに自らの考えを、発展・創造する

子ども一人ひとりがみんなと切磋琢磨しながら自分の考えを持ち、その考えをさらに展開し、新たなものを創造していくための時間として、KGタイムを設定しています。
KGタイムは、「こころの時間」「風の時間」「光の時間」「力の時間」の4つの時間で構成されています。

こころの時間

キリスト教の教えを通して夢を育む心の成長を目指す

賛美歌を歌い、説教や感話を聴き、祈りをささげる~見えないものに心を傾ける初等部で最も重要な時間です。
さまざまな人から語られる言葉や問いかけにより「Mastery for Service」の精神を学び、「生きること」に静かに向き合います。

光の時間

英語専科教員とのふれあいを通し、英語力の向上をはかる

英語の音声やリズムに慣れ親しみ、積極的にコミュニケーションをとろうとする態度を育成します。
また6年生の行事であるカナダ・コミュニケーション・ツアーで現地の人と交流する際に必要な英語スキルの向上をはかります。

力の時間

分析し推論を重ねることで論理的な考え方を身につける

計算問題や文章問題などに取り組み、正確な計算力と推論する力を育てます。
基本的な知識や技能を活用しながら、筋道を立て問題解決していくプロセスを通じ、数学的な考えをより深化させることがねらいです。

風の時間

聴く、読むことを積み重ねて言葉で表現する力を養う

基本的な言語を学び、本を読み、話を聴き、考えを表現するなど、聴読・表現力をつける時間です。
教員による読み聞かせやブックトークも行い、全ての学習の基本になる「聴くこと」を身につけ、その力を他の学びに生かしています。