世界に一つだけの花

[  2012年 02月 24日 更新  ]
1

 6年生は卒業まで3週間となりました。開校から4年間、さまざまな場面で音楽を奏でてきました。音楽では最後に89名全員で合奏をします。曲目は『世界に一つだけの花』。「人はそれぞれ違う種を持っている。自分だけの花を咲かせることに一生懸命になって生きてほしい」という歌詞です。
 毎日、フリータイムには個別の練習をしています。一人ひとりの真剣なまなざしに、合奏への熱意が感じられます。きっと6年生全員で初等部最後にふさわしい、心のこもった演奏を聴かせてくれることでしょう。