クリスマス礼拝

[  2011年 12月 21日 更新  ]
1

 今日は初等部の1年生~6年生がそろう初めてのクリスマス礼拝となりました。救い主イエス・キリストの誕生を知らせる福音を初等部全員で分かち合い、チャペルには明るい歌声が響きわたりました。神さまがひとり子をおつかわしになった意味を私たちはクリスマスに改めて思いおこします。

「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。」(新約聖書 ヨハネの手紙一 4章10~11節)