6年生による賛美

[  2011年 07月 12日 更新  ]
1

今朝の礼拝で6年生が「きゅうこんのなかには」を賛美してくれました。

 球根の中には 花がひめられ、
 さなぎの中から 命はばたく。
 寒い冬の中 春はめざめる。
 その日、その時を ただ 神が知る。

 ちんもくはやがて 歌にかえられ、
 深いやみの中 夜明け近づく。
 すぎさった時が みらいをひらく。
 その日、その時を ただ 神が知る。

私たちは、ときに、落ち込んだり、困難に直面したりすることがあります。
でも、神様はその後に必ず明るい未来を与えてくださいます。

6年生の美しいハーモニーがチャペルを包み込みました。そして、歌のメッセージが一人ひとりの心に沁みわたりました。