穀雨に入り…

[  2010年 04月 22日 更新  ]
1

ほめられもせず雨の日のチューリップ       広畑洋子

今年の春はよく雨が降ります。今日も朝から本降りで、外気に少し肌寒さもおぼえます。
1年生のテラス前にある花壇のチューリップが雨にひっそりと打たれていました。
冒頭の句ですが、決してネガティブな意味はありません。
だれも気づかない・気づこうとはしない瞬間でも、懸命にふんばって咲いているチューリップのけなげさを詠んだものです。
子どもたちも、まさにふんばっています。入学・進級して2週間、新しい環境のなかで自分の存在をたしかなものにしようとふんばっています