トンボ

[  2008年 09月 04日 更新  ]
1

夏休みの終わりあたりから、校舎南側の芝生で「ミヤマアカネ」が子供たちを待っていました。
子どもたちは休み時間に追いかけたり、「どうして、芝生の上で飛んでるのかな。」「トンボが飛んでいるから、もう雨は降らないよ。」と話したりしてふれあっています。
夏休みに「ミヤマアカネ」について自由研究をしてきた子どもがいました。
教室に掲示されているその自由研究と実際の「ミヤマアカネ」の姿を合わせてとらえることができるのはとてもよいことです。