ノーサイド

[  2008年 09月 03日 更新  ]
1

 今日は、初等部の3年生たちが、大学から来てくれたラグビー部のエルダー10名から、まずラグビーの話を聞き、
続いてラグビーを教えてもらいながら、みんなで実際にやってみました。

 ラグビーの精神に、「ノーサイド」というものがあります。
試合で勝負をかけて戦っていても、試合終了の笛の合図が鳴ると、敵味方関係なく、“みんな仲間”として終了するというものです。
初等部の子どもたちにも、「ノーサイド」の精神を心の中に宿してもらいたいです。