春季宗教週間初日

[  2008年 06月 23日 更新 ]
1

年間に2回ある宗教週間のうち、前期にあるものを春季宗教週間といいます。
建学の精神の源である聖書の教えに耳を傾け、スクールモットーである“ Mastery for service ”(社会と人のために、自らを鍛える)の精神を学び、「生きる」ことに静かに向かい合う姿勢を養うことを目的にして期間設定しています。その初日として今日の「こころの時間」では、大切な話を聞きました。3年生~1年生ではあっても、その年齢なりに社会や人のために役に立てるということや、まずは自分のことをきちんと自分でできることが大切であるということなど、基本的なことを改めて考える時間になりました。
また、明後日は日頃お世話になっている方のところに感謝の気持ちとお礼の挨拶に行きます。その準備を進めていて、写真はお渡しする手紙です。 心のこもったあたたかい文章です。受け取ってくださった方に子供たちの思いが伝わることと思います。