梅雨の晴れ間

[  2008年 06月 06日 更新 ]
1

六月を奇麗な風の吹くことよ      正岡子規

六月=梅雨というイメージが強いせいか、太陽の光がいちばん明るい月であることを、つい忘れがちです。
フィルムの感度がよくなかったころは、六月の快晴の日は、他の季節よりもカメラの絞り
を絞るか、シャッター速度を速くしたほどです。六月の風は文句なしに「奇麗」です。
今日は、初等部の芝生の上に、梅雨の晴れ間より澄み渡る風が吹いていました。