礎石

[  2008年 04月 02日 更新  ]
1

 

 正門から校内に入ると、植え込みの中に、大きな石がところどころに置いてあります。
この石は、1889年、関西学院が今の王子公園の「原田の森」に校舎が建てられた時に使われた、礎石だそうです。今の上ヶ原キャンパスに関西学院が移設された際、この石も上ヶ原に運ばれたそうです。約120年の時を経て、初等部の子どもたちの様子を見守る大役を担いました。