『緑の詩』

[  2008年 02月 27日 更新  ]
1

 東山魁夷画伯の『緑の詩』です。ベーツチャペル横の廊下壁面にあります。画伯によりますと、白馬は「たましい」を表すと聞きます。
児童一人ひとりの「たましい」に語りかける教育を進めていく初等部にふさわしい作品です。この縦(103cm)×横(221cm)の大きなリトグラフから子どもたちが感じる“何か”を大切にしたいと思います。