日本語パートナー

[ 編集者:日本語教育センター   2015年3月24日 更新 ]

交換留学生、および短期プログラム参加留学生の日本語パートナー制度があります。

【交換留学生日本語パートナー】
世界各国の協定校から本学へ来る交換留学生に対して、関学生のボランティアが様々な支援を行う制度です。日本語パートナーの仕事内容は、大きく分けて2つあり、ひとつは、週1回程度担当する交換留学生と時間、場所を決めて会い、日本語練習の相手をすること、もうひとつは、交換留学生が日本での生活にすみやかに慣れるよう様々な支援をすることです。日本語パートナーには、このような仕事に加えて、自らも異文化理解、多文化共生について学ぼうとする心構えのある人を期待します。
日本語パートナーは、年2回春と秋の交換学生の来学にあわせて募集します。

【短期プログラム日本語パートナー】
下記の短期プログラムに参加する留学生の日本語会話の練習相手、および授業サポートとして日本語の授業に参加します。また、交流授業の一つとして、学外へ一緒に行って買い物のサポートなどをします。交換留学生日本語パートナーと同様に、短期プログラム日本語パートナーにも、自らも異文化理解、多文化共生について学ぼうとする心構えのある人を期待します。
・短期集中日本語・日本文化学習コース(サマー3週間)
・短期集中日本語・日本文化学習コース(ウィンター3週間)

★申込方法などの詳細は下記リンクで確認★