2018.07.10.
平成30年7月豪雨に関わるボランティアについて

このたびの西日本を中心とした記録的な豪雨により、被害を受けられた皆さまへ謹んでお見舞い申し上げます。

現地でのボランティア活動については、各自治体にある社会福祉協議会などが開設する「災害ボランティアセンター」がとりまとめを行っています。各自治体の動きについては、各自治体の社会福祉協議会あるいは全国社会福祉協議会のホームページ等で情報をご確認ください。

※現在も、土砂災害等による二次被害の危険性があります。ボランティアへの参加を検討する場合は、心身ともに万全の状態で参加できるかどうかを慎重に判断し、自身の安全確保を最優先に考えてください。

全国社会福祉協議会別タブリンク

災害ボランティアに参加する前に、注意すべきことや準備したほうがいいものなどを確認してください。

(参考)ひょうごボランタリープラザ別タブリンク

また、活動に参加する場合は、各市町村社会福祉協議会で入れる「ボランティア活動保険(天災タイプ)」や兵庫県内の社会福祉協議会の「兵庫県ボランティア・市民活動災害共済」に必ず入るようにしてください。

(参考)ボランティア・市民活動災害共済別タブリンク

ヒューマン・サービス支援室では平成30年7月豪雨の災害支援活動について、情報収集を行っています。随時、募金活動やボランティア情報も入ってきているので、関心がある学生は直接支援室を訪れるか、支援室宛てにメールをお送りください。

お問い合わせ・アクセス関連ページへのリンク

支援室Q&A関連ページへのリンク