国際バカロレア教員養成プログラム構想について

[ 編集者:教職教育研究センター   2019年6月24日 更新  ]

国際バカロレア機構

国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)は、3才~19才までの学生を対象とした国際的な教育プログラムです。2018年10月14日現在、世界153カ国の約4,964の学校でカリキュラムが運用されています。また、国際バカロレア機構(IBO)は、アフリカ・ヨーロッパ・中東地域、アジア太平洋地域、アメリカ地域の3つの地域に分かれて運営されており、それぞれの地域で専門的な開発イベントやワークショップが開催されています。

日本における取組

文部科学省では、国内に国際バカロレア(IB)認定校等を200校にする計画があります。
詳しくは文部科学省のホームページを参照してください。

文部科学省IB教育推進コンソーシアムHP「日本におけるIB教育」外部のサイトへリンク

本学での取組

国際イメージ

本学ではスーパーグローバル大学(SGU)を推進する中で、国際バカロレア(IB)の教育を受けた生徒の有望な進学先となるよう、グローバル入学試験(インターナショナル・バカロレア入学試験)を実施しています。それに加えさらに、関西学院千里国際高等部・中等部、関西学院大阪インターナショナルスクールと連携して、2019年4月から、国際バカロレア教員養成プログラムを開講する予定です。