2019.12.06.
講話会を開催しました

司会の松岡センター長

司会の松岡センター長

 去る11月16日(土)に梅田センタービルで、12月1日(日)にステーションコンファレンス池袋で、2019年度講話会を開催しました。
関西と関東合わせて、100名を超える方々にお越しいただきました。

今回のテーマは「言語の多様性」です。「多様性」や「ダイバーシティ」という言葉はよく聞かれるようになった昨今ですが、日本にいる大多数が、「日本という島国に生まれ、日本語を母語とする両親の元に生まれた聞こえる人」であることを考えると、言語に対する「多様性」については、なかなか意識を向ける機会が少ないのではないかと思います。
そこで講話会では、社会言語学者のジョン C. マーハ氏(国際基督教大学)および、ろう者で弁護士である田門浩氏を講師に迎え、それぞれご講演をいただき、そしてフロアからの質疑応答も含めた対談を行ないました。

「手話言語とは –On Sign Language」ジョン・C.マーハ先生

「手話言語とは –On Sign Language」ジョン・C.マーハ先生

まずはマーハ氏による講演、題して「手話言語とは –On Sign Language」です。
マーハ氏が初めて日本に移り住まれた時、学生があまりにも「言語の多様性」について無頓着で、手話についても何も知らないという事実に驚かれたそうです。
ヨーロッパなどの国では、国勢調査の中に「言語」に関する質問がここ2,30年で増えているのに対し、日本の国勢調査には言語に関する質問が一切なく(2015年現在)、そもそもそこから、国内における言語使用に対する意識が薄いことを強調されていました。

講演では言語についてのクイズシートが用意されていて、それに基づいて参加者一人一人が、自分の言語について見つめなおしディスカッションをする時間も設けられました。

例えば、
・あなたの言語は語彙と文法がありますか?
・あなたの言語は多様性を持ちますか?(方言、職業による言葉遣い、敬語など)
・あなたの言語は自己意識を形成しますか?
などです。