2019年11月16日(土) 「関西講話会2019」開催のお知らせ

日時:
2019年11月16日(土) 12時30分 ~ 2019年11月16日(土) 16時00分
場所:
梅田センタービル 16階 H室

【 関西講話会2019 】

※関東講話会の案内は別ページをご覧ください

秋は3連休が多く嬉しい反面、台風などの自然災害も心配される季節ですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

さて、手話言語研究センター主催 2019年最後のイベントは、毎年恒例の「講話会」で締めくくりたいと思います。

講演会では、これまで「手話言語習得(2016年度)」「聾史(2017年度)」「ろう者学と文化的対処能力(2018年度)」と様々なテーマを取り扱い、毎回講演と対談という形式でとり行って参りました。2019年度もこの方式を踏襲していきます。
今回は「言語の多様性」をテーマに、社会言語学者のジョン・C.マーハ氏、およびろう者の弁護士の第一人者である田門浩氏をお招きし、お二方の講演および対談を企画しました。

「言語の多様性ってどういうこと?」「言語の権利って何?」「手話言語とどのような関連があるの?」そんな疑問に答えてくれるイベントになること間違いなし!
毎回好評をいただいていることから、今回も関西(11/16:大阪)と関東(12/1:東京)の2箇所で開催いたします!

詳細は添付のチラシをご覧ください。
たくさんのお申込みをお待ちしています!

※事前申込制、参加費無料
※英日通訳、手話通訳、要約筆記が付きます

                   記
日 時:11月16日(土) 午後12時半~4時(12時受付開始) 予定
場 所:梅田センタービル 16階 H室
内 容:
 講演1「手話言語とは -On Sign Language」 ジョン・C.マーハ氏
 講演2「言語としての手話の認知 過去・現在・未来」 田門浩氏
 対談 ジョン・C.マーハ氏 & 田門浩氏
参加費:無料
定 員:100名(申し込み制、先着順)
お申込みURL:https://forms.gle/wdAUBW2ZatirbrSv8
申込締切:11月13日(水)

講話会2019チラシPDFファイル   [ 1.59 MB ]

関西講話会 (11/16) お申込みフォーム関連ページへのリンク