2018年3月4日(日) 学術手話通訳のための実践セミナー

日時:
2018年03月04日(日) 10時00分 ~ 2018年03月04日(日) 16時00分
場所:
キャンパスプラザ京都(京都駅烏丸中央口徒歩5分)

【 学術手話通訳のための実践セミナー(第1回) 】

■日時: 03月 04日 (日) 10時 00分  ~  16時 00分

■場所・開催地:キャンパスプラザ京都(京都駅烏丸中央口徒歩5分)

【 学術手話通訳のための実践セミナー(第2回) 】

■日時: 06月 16日 (土) 10時 00分  ~  16時 00分

■場所・開催地:大阪教育大学 天王寺キャンパス(JR寺田町駅徒歩5分)

【 学術手話通訳のための実践セミナー(第3回) 】

■日時: 08月 04日 (土) 10時 30分  ~  16時 00分

■場所・開催地:関西学院大学 大阪梅田キャンパス(予定)

大阪大学キャンパスライフ健康支援センター主催のイベントに、手話言語研究センターが共催することになりました。
詳細は以下をご覧ください。本学の学生、院生で、参加要件に関係なくこのイベントに参加してみたいと思う方は、本センターで相談に乗りますので、是非ともお問い合わせ下さい。

『学術手話通訳のための実践セミナー』

 近年,聴覚障がい者の大学進学は幅広い専攻分野にわたっており,大学院で博士号を取得し,学術研究活動を行うケースも増えてきました。そこで,障がい学生支援や手話言語研究プロジェクトを持つ関西地域の大学・機関が提携し,学術手話通訳について実践的に学べるセミナーを開催します。
 手話通訳活動を行っている皆さまの積極的なご参加をお待ちしております。

<なるべく全回参加をお勧めします>

【第1回】
・日時:2018年3月4日(日)10:00〜16:00
・場所:キャンパスプラザ京都(京都駅烏丸中央口徒歩5分)
・講師:木村晴美(国立障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳学科教官)
・内容:モデル発表の文字起こし原稿をもとに表現通訳を行い、日本手話の文法的説明を交えながら講師からアドバイスを受けます。

【第2回】
・日時:2018年6月16日(土)10:00〜16:00
・場所:大阪教育大学 天王寺キャンパス(JR寺田町駅徒歩5分)
・講師:性全幸(国立障害者リハビリテーションセンター学院手話通訳学科非常勤講師)
甲斐更紗(九州大学キャンパスライフ・健康支援センター特任助教)
中野聡子(大阪大学キャンパスライフ健康支援センター講師)
・内容: ポスター発表におけるやりとりについて表現通訳、読みとり通訳を行い、講師か らアドバイスを受けます。

【第3回】
・日時: 2018年8月4日(土) 10:30〜16:00
・場所: 関西学院大学 大阪梅田キャンパス(予定)
・講師: 飯泉菜穂子(国立民族学博物館人類基礎理論研究部特任教授)
 中野聡子(大阪大学キャンパスライフ健康支援センター講師)   
 望月直人(大阪大学キャンパスライフ健康支援センター准教授)
・内容: 事前準備・打合せの行い方について、実際のシンポジウム資料やモデル発表をもとに、グループワークを取り入れながら学びます。

-------
<参加要件>
・参加対象:手話通訳士、都道府県登録手話通訳者の資格を持っている方
      ※オブザーバーとしての参加も可。詳しくは下のチラシへ
・定員:各回30名(先着順)
・参加費:無料
・申込方法:https://goo.gl/forms/jSrMlOEQCDi6lm8n2 からお申込みください。
必須記入事項は、■ご所属等,■ご役職等,■お名前,■お持ちの手話通訳資格,■参加希望回,■連絡先メールアドレス1(ファイル添付が可能なもの),■連絡先メールアドレス2(当日連絡の取れるもの),■電話番号です。
・申込期日:2018年2月23日(金)
------
<お問い合わせ・申込先>
大阪大学キャンパスライフ健康支援センターTEL:06-6805-6107
MAIL:info AT hacc.osaka-u.ac.jp
(ATを@に置き換えてください)

[主催]大阪大学キャンパスライフ健康支援センター
[共催]高等教育アクセシビリティプラットフォーム(京都大学学生総合支援センター),大阪教育大学障がい学生修学支援ルーム,国立民族学博物館(日本財団助成手話言語学研究部門 学術手話通訳研修事業),関西学院大学手話言語研究センター
[後援]日本特殊教育学会

手話通訳者向けチラシ改訂版PDFファイル   [ 3.32 MB ]

オブザーバー向けチラシ改訂版PDFファイル   [ 1.82 MB ]