関西学院は創立125周年を迎えました。

HOME > キリスト教と文化研究センター > キリスト教と文化研究センター

キリスト教と文化研究センター

  •         

[ 編集者:キリスト教と文化研究センター   2012年6月27日 更新  ]

広く社会・文化を見つめて。

キリスト教と文化研究センターは、キリスト教と人間・世界・文化・自然の諸問題に関する総合的な調査・研究を行うとともに、本学のキリスト教主義教育の内実化を図ることを目的としています。
人間を視座の中心に置いて、建学の精神であるキリスト教主義をとらえ、その現代的課題と意味を求める研究教育組織です。大学の正課としての教育活動や学術誌での研究プロジェクトの成果の発表、またセミナーや講演会も開催。

「キリスト教と文化研究センター(Research Center for Christianity and Culture: RCC)」は、21世紀という新しい時代をキリスト教の視点から見ています。

さまざまな価値観、異質な文化が衝突する現代社会に欠かせない、新しい「知」の枠組みを提供するのがセンターの目的です。

「キリスト教」を単なる宗教というのでなく、人間の歴史や文化への理解を深めるキーワードとして捉えます。

センター事務室は 吉岡記念館内にあります。

コンテンツ一覧

吉岡記念館

このページの先頭に戻る

新モバイルサイト公開

NTTドコモ、au、SoftBankのスマートフォンに対応しています。

関西学院大学公式モバイルサイトQRコード

http://mobile.kwansei.ac.jp/