『キリスト教と文化研究』

[ 編集者:キリスト教と文化研究センター  2019年10月24日 更新 ]

「聖餐の理論と実践」 2006年度第4回研究会

■テーマ: 聖餐のインカルチュレーション(文化内開花)
■発題者: 中道基夫(神学部助教授)
■日 時: 2007年 1月26日 17:00~18:30
■場 所: 吉岡記念館3F会議室1

2006年度第4回研究会ポスター  [ 60.01KB ]PDFファイル

「聖餐の理論と実践」 2006年度第3回研究会

■テーマ: ブレーズ・パスカルと聖体の問題:「実質変化」の象徴的価値
■発題者: 山上浩嗣(社会学部助教授)
■日 時: 2006年 11月17日 17:00~18:30
■場 所: 吉岡記念館3F会議室1

RCC聖餐プロジェクト第3回研究会   [ 61.21KB ]PDFファイル

「聖餐の理論と実践」 2006年度第2回研究会

■テーマ: 「初期キリスト教における聖餐のシンボリズムの多様性」
■発題者: 打樋啓史(社会学部助教授・宗教主事)
■日 時: 2006年 7月20日 17:00~18:30
■場 所: 吉岡記念館3F会議室1

「聖餐の理論と実践」 2006年度第2回研究会  [ 60.67KB ]PDFファイル

「聖典と今日の課題」 2006年度聖書学セミナー

■テーマ: 「聖書解釈-それでいいのか?」
■発題者: 土井 健司(神学部助教授)

■新約の部「『誤った解釈』をする自由と真実?
<応答>嶺重 淑(神学部専任講師)、辻 学(商学部助教授・宗教主事)

■日 時: 2006年 6月16日 11:10~12:40
■場 所: 関西学院会館ベーツチャペル

「聖典と今日の課題」 2006年度聖書学セミナー  [ 58.67KB ]PDFファイル

「聖典と今日の課題」 2006年度聖書学セミナー

■テーマ: 「聖書解釈-それでいいのか?」
■発題者: 樋口 進(RCC教授・宗教センター宗教主事)

■旧約の部「アブラハムの『信仰』とは?」
応答:水野隆一(神学部教授) 司会:辻 学(商学部助教授・宗教主事)

■日 時: 2006年 6月15日 13:30~15:00
■場 所: 関西学院会館ベーツチャペル

「聖餐の理論と実践」 2006年度第1回研究会

■テーマ: 「未受洗者も聖餐に招かれているのか?-聖餐の宣教学的意味-」
■発題者: テオ・ズンダーマイアー(ハイデルベルク大学名誉教授・本学神学部客員教授)
■日 時: 2006年4月13日 17:00~18:30
■場 所: 吉岡記念館3F会議室1

「聖餐の理論と実践」 2006年度第1回研究会   [ 55.56KB ]PDFファイル