1年生春学期から始めよう!
インテンシブ・イングリッシュ・コース

[ 編集者:言語教育研究センター   2019年12月2日 更新  ]

インテンシブ・イングリッシュ・コースとは・・・

インテンシブ・イングリッシュ授業風景

【対象者】神・文・社会・法・経済・商・人間福祉学部生
※総合政策・理工・教育・国際学部生は履修することができません。

レギュラーコース(各学部開講の必修/選択必修英語科目)の代わりに、言語教育研究センターのネイティブ教員による集中的な英語の授業を履修するコースです。オールイングリッシュのレベル別クラスで、様々な学部の仲間と共に「聞く・話す・読む・書く」4技能のレベルアップを目指します。将来留学や海外プログラムに参加したい人は勿論、「読む・書く」にとどまらず、「聞く・話す」ことにも注力し、“使える英語”を身に着けたい学生にお勧めのコースです。

コースの定員・科目

インテンシブ・イングリッシュ・コースカリキュラム

春学期開始コース 入学前に申し込みが必要

定員:125名
1年次春学期:スプリング・インテンシブ・イングリッシュ(週2回・2単位)
1年次秋学期:インテンシブ・イングリッシュ(週3回・3単位)
2年次春学期:インテンシブ・イングリッシュ(週3回・3単位)
合計 8単位

秋学期開始コース 1年次春学期に申し込み

定員:625名
1年次秋学期:インテンシブ・イングリッシュ(週3回・3単位)
2年次春学期:インテンシブ・イングリッシュ(週3回・3単位)
合計 6単位

コース申込上の注意

英語クラス編成テスト(GTEC)のスコアにより選考します。英語クラス編成テスト(GTEC)受検案内に従って受検してください。テストを受検していない場合、コースへの申し込みが無効となります。
一度コースに入った場合、理由の如何を問わず、途中で放棄する(レギュラーコースへ戻る)こと、指定されたクラスを変更することはできません。
●文学部生で外国語選択において「英語」を選択していない学生、人間福祉学部生で第二言語として「英語コミュニケーション」を選択している学生は、インテンシブ・イングリッシュ・コースに申し込むことはできません。
●社会学部生は卒業に必要な言語教育科目「英語」の単位数は合計4単位ですが、インテンシブ・イングリッシュ・コース(春学期開始)に入った場合、合計8単位を修得しなければなりません。
●このコースの科目は、英語の資格等による単位認定制度の対象ではありません。単位認定制度については各学部からの案内をよく読んでください。学部必修(選択必修)の英語科目が単位認定された場合も、インテンシブ・イングリッシュ・コース(春学期開始)に入った場合は、合計8単位を修得しなければなりません。
●このコースを履修する学生は、1年次秋学期開始のフランス語インテンシブ・プログラムまたはドイツ語インテンシブ・プログラムには申し込みができません。
●1年次春学期にスプリング・インテンシブ・イングリッシュの単位を修得できなかった場合、インテンシブ・イングリッシュは履修できません。1年次秋学期より所属学部のレギュラーコースに戻り、未修得の単位を修得する必要があります。

春学期開始コース(スプリング・インテンシブ・イングリッシュ履修)申込方法

【申込期間】2020年2月18日(火)~3月24日(火)16:00
上記コース申込上の注意をよく読んだ上で、K.G.合格者Naviから申し込みをしてください。

TOEIC・TOEFLはエデュケーショナル・テスティング・サービス(ETS)の登録商標です。
このウェブサイトはETSの検討を受けまたその承認を得たものではありません。
TOEIC and TOEFL are registered trademark of Educational Testing Service.This website is not endorsed or approved by ETS.