2015.02.16.
3.11東日本大震災4年目を迎えて-礼拝、映画会-

3.11東日本大震災4年目を迎えて

2011年3月11日の大震災から4年がたちました。
関西学院でもそのことを覚え礼拝と映画会を行います。

〇礼 拝
日 時:2015年3月11日(水)14:20~14:50
場 所:ランバス記念礼拝堂(西宮上ケ原キャンパス)
-地震発生時刻の14:46に共に黙祷をささげます-

〇映画会
時 間:15:00~16:50
場 所:関西学院会館ベーツチャペル
「遺体 明日への十日間」
 (モントリオール世界映画祭ワールドグレーツ部門正式招待作品)
原 作:石井光太
監 督:君塚良一
出演者:西田敏行、國村 隼、佐藤浩市、柳葉敏郎、他

2011年3月11日東日本大震災発生。あの日、未曽有の災害に直面し、困難な状況や、悲しみに向き合った人々がいました。これは、一人のジャーナリストが、釜石市で取材した事実を基に、報道が伝えきれなかった。真実を描いたものです。(映画、タイトルより)

お問い合わせ:関西学院宗教センター(0798-54-6018)
入場無料、申し込み不要、どなたでもご参加いただけます。

主催:関西学院宗教活動委員会
 

遺体 明日への十日間

遺体 明日への十日間

3.11東日本大震災4年目を迎えて-礼拝、映画会- [ 154.99KB ]PDFリンク