2013.01.19.
東日本大震災 「毎月1000円宣言」募金プロジェクト4回目中間報告

2011年4月22日に始まったこのプロジェクトは、救援・復興に時間がかかる東日本大震災に対して、学生や一般の方などに募金を呼びかけ、単発的な募金ではなく継続的な資金支援を行うことを目的としています。また、支援する側がいつも被災者とともにあること、また支援者にも多数の仲間がいることを確認しつつきずなを深めることができる募金です。4回目の中間報告として、これまでいただいた募金協力者の皆様のメッセージを以下にお知らせします。

5月7日「4月は新入生パワーにちょっと負け気味で、東北の人々への思いを馳せながら、4月と5月分を振り込みます」
5月8日「5月で11回目です」
5月29日「6月で12回目です」
6月26日「新聞に震災関係の記事が少なくなるにつれて、東北の人々の現状に対する想像力が無くなりつつある自分に、政府のことをとやかく言えるのかと反省しつつ、遅くなりましたが、6月分振り込みます」
7月3日「7月で13回目です」
7月30日「春学期定期試験を学生諸君と受けさせてもらい、努力の割りに成果が上がらず、ようやく終了。気を取り直し7月8月分を振り込みます」
8月1日「8月で14回目です。今後復興が順調に行きますよう祈っています。」
9月28日「震災から1年半、この毎月3000円募金宣言させてもらい、振込みのたびに、被災地のことを思います。」
10月31日「ぎりぎりになりましたが10月分3000円を振り込みます」
12月20日「衆議院選挙結果を横目で見ながら、道は遠いなと思いつつ振込みします。遅くなりましたが、先月振り込めなかったので、11月と12月分を振り込みます」

2013月1月19日
関西学院ヒューマンサービスセンター